1.幼児教育 秘密

子供を取り組みに集中させるコツとは

投稿日:2017-07-12 更新日:

今の保育園から帰宅後の知育スケジュールは、

ピアノ20~30分 + 七田プリントB・15分 + ミニ取り組み15分

というような感じで、トータル1時間程度行っています。

最近はピアノ発表会前で大詰めに入ってきたため、

学習 < ピアノ練習 というバランスにしています。

スポンサーリンク

ミニ取り組みとはなんぞやと。

ミニ取り組み・・・七田プリント以外の学習のことで、主に手先を動かしたり頭を使うようなもの(パズルやカード)を取り入れるようにしています。

最近、教材なども増えて取り組み内容が煩雑化しているので、

一覧表をリビングの壁に貼って一目で分かるようにしました。

これは取り組みのメニュー表のようなもので、

毎日のミニ取り組みを行う際に、

この中から1~2個ピックアップして娘に取り組んでもらうようにしています。

スポンサーリンク

とある日のミニ取り組みの様子はこちらです↓

くもんの図形ミューブつみきで立体図形の学習をしたり、

くもんのカタカナ絵合わせパズルをやったり、

こどもちゃれんじ・すてっぷの付録「えいごクイズドラム」をやってみたり。

毎日の取り組みで気をつけているのは、

ずっと同じ作業だけをさせようとしないことです。

幼児期の集中力って、年齢+1分なのだそうで、

1つの取り組みを行う際、

うちの娘に関しては 4歳+1分=5分 が限度ということになります。

ただ、子供にも個人差や興味の度合いなど色々あると思うので、

一概にはそう言い切れませんが。。

スポンサーリンク

遊びも勉強も単純に同じことをさせるだけでは短時間で集中力はなくなってしまうので、

そこに変化をつけていくことで、集中力を高めることにも繋がるのではないでしょうか。

幼児期のうちに集中力を育んでいけたらいいな~。

 



人気記事一覧

1
子供に与えたいおもちゃ「賢人パズル」

自分のお給料が出ると、真っ先にムスメ用の知育玩具を購入してしまいます。 先日買ったのは、こちらの「賢人パズル」↓ くもんの図形キューブ積み木(以前の記事で紹介しました⇒くもん・図形キューブで積み木の問 ...

2
こどものなぜ?を「分かった!面白い」に。

3歳を過ぎた頃から、 日常生活の中で色んな事に疑問を持ち始めたムスメ。 この前も、プリント学習の中にシカの絵があったのですが、 「なんで角があるシカさんと角がないシカさんがいるの~?」 と聞いてきまし ...

no image 3
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

4
大手幼児教室(年少クラス)の体験の感想

週末、近所にある幼児教室の体験に行ってきました。 幼児教室と言えば、ドラキッズやめばえ教室、しちだチャイルドアカデミー、 富士チャイルド、ICE、理英会など色々ありますが、 数ある中でも小学校受験に特 ...

5
大人が見ても面白い!くらべる図鑑はおすすめの一冊です

3歳を過ぎて、世の中の色んな事に興味を持ち始めた娘。 リビングの本棚には図鑑をたくさん置いて、 何かわからないことがあったらすぐ調べるようになってほしいと思い、 少しずつ少しずつ図鑑を揃えていくことに ...

6
小学校受験しない=幼児教育はいらない?

私は教育熱心な母親ですが、自分がしていることを周りに話すと、 「うちは小学校受験なんてしないから幼児教育には興味がないの」とか 「子供はたくさん遊ばせておけばそのうち必要な時に勉強するでしょ」 と言わ ...

-1.幼児教育, 秘密
-, , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.