広告!




1.幼児教育 サイエンス教育

食べた物はどこへ行くのか?ちゃれんじステップ

投稿日:2017-06-26 更新日:

娘は3歳の時に先取りして、

こどもちゃれんじ・すてっぷ(年中向け)を数ヶ月だけ受講しました。

スポンサーリンク

広告!

その12月号の教材に「たべたものはどこへいく?」という体の中の仕組みに関するものがあり、

娘は興味津々で今も時おり教材を出しては読んでいます。

この教材は「ふしぎはっけんブック」というもので、

毎月子供が興味や疑問を持つような色んな特集を組んでいるようで、

一緒に送られてくるDVDと内容が連動しています。

スポンサーリンク

広告!

みんなが普段食べているものが、どこを通って、どんな形となって排出されるのか、

幼児にも分かりやすく説明されています。

DVDの映像で一通り理解し、本の教材で深く掘り下げていくといった感じです。

テキストには胃や腸などの消化器

子供の体の大きさの実物大ポスターのようになっているので、

実際に体にあててみるとこんな感じなのかなぁと想像しやすいです。

スポンサーリンク

広告!

普段何も考えなくても自動的に動いている私たちの内臓ですが、

子供にとっては不思議でいっぱいなんでしょうね。

図書館へ行って本を探す時も「体の中のお話が読みたい~」とリクエストされたので、

幼児にも読みやすい本を探してみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みんなうんち (かがくのとも傑作集) [ 五味太郎 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/6/26時点)

 

 

 

大人も一緒に読んで勉強になりそうですね。

体の不思議をもっといっぱい探してみようと思います。

スポンサーリンク

広告!

広告!

広告!

広告!




人気記事一覧

1
小学生向け通信教材の比較④四谷大塚・リトルくらぶ編

四谷大塚・リトルくらぶの特徴 四谷大塚と言えば、中学受験対策教室で有名ですね。 そこで出している通信教材になります。 通常、通信教材と言うと、 1年生の4月から開始するのが一般的かと思いますが、 リト ...

2
小学生向け通信教材の比較⑤SAPIX・ピグマキッズ編

SAPIX・ピグマキッズの特徴 中学受験対策塾として名高いSAPIXが出している通信教材。 1日の学習時間は10~20分程度。 教材は小学1~4年生までしかない。 親子一緒に二人三脚で取り組んでくださ ...

3
4歳児もハマるボーネルンドの知育玩具

近所にボーネルンドのお店があり、買い物ついでにふと立ち寄ることが多いのですが、 娘が夢中になって遊ぶ様子を見るとつい衝動買いしてしまいます。 こちらは紐通しの知育玩具ですが、 動物や建物の絵柄を通しな ...

4
しちだプリントCを終えたら

しちだプリントCも10冊目に入り、いよいよラストに突入しました。 これを終えたら次は七田プリントDへ進むのか、それとも他の通信教材へ変更するのか。 以前、5、6社から様々な通信教材のサンプル(小学生の ...

no image 5
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

6
小学生向け通信教材の比較②Z会編

Z会小学生コースの特徴 スタンダードとハイレベルの2種類からコースがあり、 子供の学習状況に合わせてどちらか選ぶことができる。 3年生からは中学受験対策コースも受講可能。 1日の学習量は10~15分。 ...

-1.幼児教育, サイエンス教育
-, , , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.