1.幼児教育 さんすう教育

トランプで楽しく遊びながら脳を鍛える

投稿日:2017-07-18 更新日:

今日は娘とトランプ遊びをしました。

高くて高性能な知育玩具も良いですが、

子供はシンプルなものほど本能的に頭を使って楽しく遊ぼうとするようで、

このどこででも手に入れることのできるトランプなんかは知育遊びにも最適です。

4歳児でもできるトランプ遊びを紹介していきます。

スポンサーリンク

神経衰弱で記憶力アップ

ルールはご存知の通り、裏側にしたトランプを置き1枚ずつめくります。

同じ数がでたら、揃った1ペアをもらえます。置いてあるトランプがなくなったら終了です。

手持ちに多く持っていた人が勝ちとなります。

神経衰弱を行うメリットや効果としては、ゲームを通して、記憶力と集中力がつくということです。

幼児に教える上で気をつけるポイントは、

めくったカードの数が一致しなかった場合にすぐ裏返してしまうのではなく、

「今めくったカードは何と何だった?ここに3があって、ここに5があったよね。覚えておくと次は当てられるかもよ~」

と子供に記憶することを意識させていくと良さそうです。

スポンサーリンク

七並べで数の大小を覚える

こちらもゲームのやり方はご存知の通りです。

数字の「7」を4枚、縦に並べておきます。

「6」か「8」を持っていたら「7」の左右に置きます。

このように、隣に置けるカードを次々と出していき、手元のカードがなくなったら終了です。

うちの子の場合、最初のうちは「数の大小」をあまり理解していなかったため

うまく置くことができませんでしたが、

ゲームを進めていくうちに自然と数の順番を覚えていきました。

スポンサーリンク

ゲームの勝敗の確認

ゲームの終了後、勝ち負けを確認するためにカードの枚数を数えますよね。

このとき、お互いに1枚ずつカードを並べて数えていき、どちらが何枚多いかを確認します。

カードの枚数で数の大小を比較することによって、

数の基本的概念を自然に身につけることができます。

これは、のちのち小学校の算数でも活かされてくると思うので、

今のうちに遊びながら自然と覚えていけたら良いですよね。

 

 

人気記事一覧

1
子供に与えたいおもちゃ「賢人パズル」

自分のお給料が出ると、真っ先にムスメ用の知育玩具を購入してしまいます。 先日買ったのは、こちらの「賢人パズル」↓ くもんの図形キューブ積み木(以前の記事で紹介しました⇒くもん・図形キューブで積み木の問 ...

2
こどものなぜ?を「分かった!面白い」に。

3歳を過ぎた頃から、 日常生活の中で色んな事に疑問を持ち始めたムスメ。 この前も、プリント学習の中にシカの絵があったのですが、 「なんで角があるシカさんと角がないシカさんがいるの~?」 と聞いてきまし ...

no image 3
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

4
大手幼児教室(年少クラス)の体験の感想

週末、近所にある幼児教室の体験に行ってきました。 幼児教室と言えば、ドラキッズやめばえ教室、しちだチャイルドアカデミー、 富士チャイルド、ICE、理英会など色々ありますが、 数ある中でも小学校受験に特 ...

5
大人が見ても面白い!くらべる図鑑はおすすめの一冊です

3歳を過ぎて、世の中の色んな事に興味を持ち始めた娘。 リビングの本棚には図鑑をたくさん置いて、 何かわからないことがあったらすぐ調べるようになってほしいと思い、 少しずつ少しずつ図鑑を揃えていくことに ...

6
小学校受験しない=幼児教育はいらない?

私は教育熱心な母親ですが、自分がしていることを周りに話すと、 「うちは小学校受験なんてしないから幼児教育には興味がないの」とか 「子供はたくさん遊ばせておけばそのうち必要な時に勉強するでしょ」 と言わ ...

-1.幼児教育, さんすう教育
-, , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.