広告!




1.幼児教育 さんすう教育 小学校受験 知育玩具

くもん・図形キューブで積み木の問題を解く

投稿日:2017-05-20 更新日:

くもんの図形キューブつみきという知育玩具の評判が良かったので

3歳の頃に購入していたのですが、

本人はあまり興味がなかったようで、

ずっとおもちゃ箱の中にしまったままでした。

 

久々に思い出したかのように、

トコトコと娘がリビングへ持ってきました。

スポンサーリンク

広告!

見本には、平面図形から立体図形まで36問あり、徐々に難しくなっていきます。
DSC_1420

以前は平面しかできなかったのに、

時間が経っていつのまにか立体図形も作れるようになっていました。

子供の成長に伴い遊べる幅が広がるのは、

この玩具のとても良いところだと思います。

DSC_1427

DSC_1429

練習を重ねるにつれ、見えない部分を思考する能力と空間認識能力が必要になってきます。

小学校受験にも、積み木の問題は定番問題としてよく出題されます。

_20170515_192756

スポンサーリンク

広告!

いきなりペーパー問題から解き始めるのは難しいので、

はじめは公文の図形キューブのような立方体のつみきを使って、

プリントでは見えない部分がどうなっているのか別の角度から見たらどう見えるのか、

じっくり教えていきます。

ここで解法のポイントとなるのが、

縦に積み上げられている積み木を単純にそれぞれ何段・・・と数えさせるのではなく、

立体を縦か横の断面で分割し、まとまりとして捉えることです。

このような解き方をすることで応用がきいて、

積み木の数が増えてきても解くことができるようです。

一つ一つ数えていくより時間も短縮できそうですよね。

スポンサーリンク

広告!

例えば上の問題の②のつみきを数えるとします。

_20170516_080319

縦でスライスすると、前面が3個+後面が5個=合計8個といった感じで、

つみきの数を分解していき、さいごは合成していくのです。

このように積み木を自在に分割し、集合体として瞬時に数を認識する訓練をしていくことで、

構成把握・空間把握といった能力が養われていくようなので、

根気と時間が必要ですが、空いてるときにコツコツとやらせてあげたいと思います。

スポンサーリンク

広告!

広告!

広告!

広告!




人気記事一覧

1
小学生向け通信教材の比較④四谷大塚・リトルくらぶ編

四谷大塚・リトルくらぶの特徴 四谷大塚と言えば、中学受験対策教室で有名ですね。 そこで出している通信教材になります。 通常、通信教材と言うと、 1年生の4月から開始するのが一般的かと思いますが、 リト ...

2
小学生向け通信教材の比較⑤SAPIX・ピグマキッズ編

SAPIX・ピグマキッズの特徴 中学受験対策塾として名高いSAPIXが出している通信教材。 1日の学習時間は10~20分程度。 教材は小学1~4年生までしかない。 親子一緒に二人三脚で取り組んでくださ ...

3
4歳児もハマるボーネルンドの知育玩具

近所にボーネルンドのお店があり、買い物ついでにふと立ち寄ることが多いのですが、 娘が夢中になって遊ぶ様子を見るとつい衝動買いしてしまいます。 こちらは紐通しの知育玩具ですが、 動物や建物の絵柄を通しな ...

4
しちだプリントCを終えたら

しちだプリントCも10冊目に入り、いよいよラストに突入しました。 これを終えたら次は七田プリントDへ進むのか、それとも他の通信教材へ変更するのか。 以前、5、6社から様々な通信教材のサンプル(小学生の ...

no image 5
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

6
小学生向け通信教材の比較②Z会編

Z会小学生コースの特徴 スタンダードとハイレベルの2種類からコースがあり、 子供の学習状況に合わせてどちらか選ぶことができる。 3年生からは中学受験対策コースも受講可能。 1日の学習量は10~15分。 ...

-1.幼児教育, さんすう教育, 小学校受験, 知育玩具
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育から中学受験2026へ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.