広告!




1.幼児教育 さんすう教育 小学校受験 知育玩具

くもん・図形キューブで積み木の問題を解く

投稿日:2017-05-20 更新日:

くもんの図形キューブつみきという知育玩具の評判が良かったので

3歳の頃に購入していたのですが、

本人はあまり興味がなかったようで、

ずっとおもちゃ箱の中にしまったままでした。

 

久々に思い出したかのように、

トコトコと娘がリビングへ持ってきました。

スポンサーリンク

広告!

見本には、平面図形から立体図形まで36問あり、徐々に難しくなっていきます。
DSC_1420

以前は平面しかできなかったのに、

時間が経っていつのまにか立体図形も作れるようになっていました。

子供の成長に伴い遊べる幅が広がるのは、

この玩具のとても良いところだと思います。

DSC_1427

DSC_1429

練習を重ねるにつれ、見えない部分を思考する能力と空間認識能力が必要になってきます。

小学校受験にも、積み木の問題は定番問題としてよく出題されます。

_20170515_192756

スポンサーリンク

広告!

いきなりペーパー問題から解き始めるのは難しいので、

はじめは公文の図形キューブのような立方体のつみきを使って、

プリントでは見えない部分がどうなっているのか別の角度から見たらどう見えるのか、

じっくり教えていきます。

ここで解法のポイントとなるのが、

縦に積み上げられている積み木を単純にそれぞれ何段・・・と数えさせるのではなく、

立体を縦か横の断面で分割し、まとまりとして捉えることです。

このような解き方をすることで応用がきいて、

積み木の数が増えてきても解くことができるようです。

一つ一つ数えていくより時間も短縮できそうですよね。

スポンサーリンク

広告!

例えば上の問題の②のつみきを数えるとします。

_20170516_080319

縦でスライスすると、前面が3個+後面が5個=合計8個といった感じで、

つみきの数を分解していき、さいごは合成していくのです。

このように積み木を自在に分割し、集合体として瞬時に数を認識する訓練をしていくことで、

構成把握・空間把握といった能力が養われていくようなので、

根気と時間が必要ですが、空いてるときにコツコツとやらせてあげたいと思います。

スポンサーリンク

広告!

広告!

広告!

広告!




人気記事一覧

1
自宅でプログラミング教育を始めよう

小学校でも、2020年から必修化が決まったプログラミング教育ですが、 その重要性や家庭でもできることなどをまとめてみました。 スポンサーリンク 広告! プログラミング教育の必修化 三年後から、海外と同 ...

2
七田プリントCと漢字練習帳が届いた

3歳10ヶ月から始めた七田式プリントbが10冊目に入り、 次の段階のプリントcを購入しました。 プリントBとの違い 【ちえ】 推理力を問う問題や文章をよく読まないと解けない問題が出てきます。 座標・面 ...

3
4歳児もハマるボーネルンドの知育玩具

近所にボーネルンドのお店があり、買い物ついでにふと立ち寄ることが多いのですが、 娘が夢中になって遊ぶ様子を見るとつい衝動買いしてしまいます。 こちらは紐通しの知育玩具ですが、 動物や建物の絵柄を通しな ...

4
ザ・ギフティッド~実践できる子供の学習法~

書店へ行くと必ず教育関係のコーナーへ足を運ぶのですが、 そこには様々な方が書いた独自の理論や考えに基づく育児書がたくさんあります。 スポンサーリンク 広告! 1年ほど前に出逢った「ザ・ギフティッド」と ...

5
無料で遊んで学べる水の科学館

お台場にある東京都水の科学館へ行ってきました。 こちらの科学館は、東京都水道局が管理運営していて、 誰でも無料で入場できます。 無料ロッカーや授乳室も完備されていて、 小さな幼児がいても連れていきやす ...

-1.幼児教育, さんすう教育, 小学校受験, 知育玩具
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.