広告!




1.幼児教育 さんすう教育 小学校受験 知育玩具

くもん・図形キューブで積み木の問題を解く

投稿日:2017-05-20 更新日:

くもんの図形キューブつみきという知育玩具の評判が良かったので

3歳の頃に購入していたのですが、

本人はあまり興味がなかったようで、

ずっとおもちゃ箱の中にしまったままでした。

 

久々に思い出したかのように、

トコトコと娘がリビングへ持ってきました。

スポンサーリンク

広告!

見本には、平面図形から立体図形まで36問あり、徐々に難しくなっていきます。
DSC_1420

以前は平面しかできなかったのに、

時間が経っていつのまにか立体図形も作れるようになっていました。

子供の成長に伴い遊べる幅が広がるのは、

この玩具のとても良いところだと思います。

DSC_1427

DSC_1429

練習を重ねるにつれ、見えない部分を思考する能力と空間認識能力が必要になってきます。

小学校受験にも、積み木の問題は定番問題としてよく出題されます。

_20170515_192756

スポンサーリンク

広告!

いきなりペーパー問題から解き始めるのは難しいので、

はじめは公文の図形キューブのような立方体のつみきを使って、

プリントでは見えない部分がどうなっているのか別の角度から見たらどう見えるのか、

じっくり教えていきます。

ここで解法のポイントとなるのが、

縦に積み上げられている積み木を単純にそれぞれ何段・・・と数えさせるのではなく、

立体を縦か横の断面で分割し、まとまりとして捉えることです。

このような解き方をすることで応用がきいて、

積み木の数が増えてきても解くことができるようです。

一つ一つ数えていくより時間も短縮できそうですよね。

スポンサーリンク

広告!

例えば上の問題の②のつみきを数えるとします。

_20170516_080319

縦でスライスすると、前面が3個+後面が5個=合計8個といった感じで、

つみきの数を分解していき、さいごは合成していくのです。

このように積み木を自在に分割し、集合体として瞬時に数を認識する訓練をしていくことで、

構成把握・空間把握といった能力が養われていくようなので、

根気と時間が必要ですが、空いてるときにコツコツとやらせてあげたいと思います。

スポンサーリンク

広告!

広告!

広告!

広告!




人気記事一覧

1
子供に与えたいおもちゃ「賢人パズル」

自分のお給料が出ると、真っ先にムスメ用の知育玩具を購入してしまいます。 先日買ったのは、こちらの「賢人パズル」↓ くもんの図形キューブ積み木(以前の記事で紹介しました⇒くもん・図形キューブで積み木の問 ...

2
こどものなぜ?を「分かった!面白い」に。

3歳を過ぎた頃から、 日常生活の中で色んな事に疑問を持ち始めたムスメ。 この前も、プリント学習の中にシカの絵があったのですが、 「なんで角があるシカさんと角がないシカさんがいるの~?」 と聞いてきまし ...

no image 3
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

4
大手幼児教室(年少クラス)の体験の感想

週末、近所にある幼児教室の体験に行ってきました。 幼児教室と言えば、ドラキッズやめばえ教室、しちだチャイルドアカデミー、 富士チャイルド、ICE、理英会など色々ありますが、 数ある中でも小学校受験に特 ...

5
大人が見ても面白い!くらべる図鑑はおすすめの一冊です

3歳を過ぎて、世の中の色んな事に興味を持ち始めた娘。 リビングの本棚には図鑑をたくさん置いて、 何かわからないことがあったらすぐ調べるようになってほしいと思い、 少しずつ少しずつ図鑑を揃えていくことに ...

6
小学校受験しない=幼児教育はいらない?

私は教育熱心な母親ですが、自分がしていることを周りに話すと、 「うちは小学校受験なんてしないから幼児教育には興味がないの」とか 「子供はたくさん遊ばせておけばそのうち必要な時に勉強するでしょ」 と言わ ...

-1.幼児教育, さんすう教育, 小学校受験, 知育玩具
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.