幼児教育・中学受験

3年生 公文式

どこまで続ける?公文数学Hと英語HⅡ(小3・4月)

投稿日:2022-04-06 更新日:

公文式辞める辞めないで毎月のように悩みながらもダラダラ継続しているわけですが。。

そう、結局辞めさせて中学受験の学習に切り替えたいと

焦っているのは私だけで、

娘は楽しいから続けたいのだそう。

もうこうなったら、中学受験がダメだった時のための保険としてやれるところまで継続しよう!

と前向きなのか後ろ向きなのか分からない決断に至ります。

▼公文数学H

連立方程式を始めています。

本人曰くD~Gのほうがよほど計算が難しかったとのこと。

同感です。。連立方程式はxやyを消すパズル問題のようなものなので、

仕組みやルールさえ分かれば解けてしまいます。

▼公文英語HⅡ

受動態の学習です。読み物は「宮島」について。

これは広島県の宮島について詳しく書かれているのですが、

読み物としても面白いし、

日本三景とは何かを知る日本地理の学習にもつながるし、

「鹿が神聖なものとして~」などといった語彙の学習にもなります。

英語を学習しながら社会と国語の学習にもなる

まさにハイブリッド学習だなぁと感心しています。

ますます公文にのめり込んでしまう。。苦笑

記事中の広告




医療系ママの幼児教育・中学受験

-3年生, 公文式
-, , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育から中学受験2026へ , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.