広告!




2.ピアノ ピアノ4歳

ピティナ・ピアノステップに申し込んでみようか

投稿日:2017-10-18 更新日:

先日のピアノレッスンで、先生からピティナ・ピアノステップというものがあるので、

ぜひ参加してみてはどうかというお話をいただきました。

スポンサーリンク

広告!

ピティナ・ピアノステップとは?

簡単にいうと、ピアノの検定のようなもので、

全国の様々な地区のホールを使って開催される公開ステージで、

先生方から個人的に演奏の評価をして頂けるというものです。

うちの娘は来年以降、ピティナのコンクールに出てみようと思っているので、

ピティナステップのステージに立って披露するということは、

舞台慣れにもなるだろうし、良い経験になるのではないかと考えています。

ピティナ・ステップの概要

参加費用は幼児レベルで5500円ほど(2曲)

3人の先生方が参加者の演奏を聴いて、

曲のフレーズの流れ、拍子感、音色の表現、普段の練習の注意事項など

様々なコメント・評価をしてくれます。

部門は「フリーステップ」と「23ステップ」の2部門より選択できます。

スポンサーリンク

広告!

フリーステップ

ソロやアンサンブルなどを自由に演奏できます。自作曲も可能だそう。

評価:Bravo, Great, Fine, Almost

23ステップ

23の難易度(入門の「導入1」から音大入学レベルの「展開3」まで)に分かれた曲目の中から、

自由曲+課題曲の2曲を演奏します。

評価:S・A・B・C・D

C以上の判定なら合格となり、2曲合格で合格証書が授与されます。

先生の話によれば、S評価がつくのは1日を通してたった数人ほどだとか。

ただ、コンクール予選通過したいのであれば「SSA」くらいの判定をもらいたいところとの厳しい意見も。

まぁ今後の目安を知るのには良いかもしれませんがね。。

スポンサーリンク

広告!

ピティナ・ステップに参加するメリット

ピアノコンクールとは違って、参加者の合否というものはなく、

参加者本人の演奏がどうだったのかを客観的に評価してもらえるので、

子供自身が今どの程度の実力なのかを確認できたり、

普段のピアノ教室の先生とは違う先生からのアドバイスなども頂けるので、

とても参考になりそうです。

コンクールに向けての舞台慣れの他にも、

毎日の練習の目標付けや自分自身のピアノ演奏を見つめなおすこともでき、

有意義な演奏の場となりそうなので、ぜひ申し込んでみようと思います。

 

広告!

広告!

広告!




人気記事一覧

1
小学生向け通信教材の比較④四谷大塚・リトルくらぶ編

四谷大塚・リトルくらぶの特徴 四谷大塚と言えば、中学受験対策教室で有名ですね。 そこで出している通信教材になります。 通常、通信教材と言うと、 1年生の4月から開始するのが一般的かと思いますが、 リト ...

2
小学生向け通信教材の比較⑤SAPIX・ピグマキッズ編

SAPIX・ピグマキッズの特徴 中学受験対策塾として名高いSAPIXが出している通信教材。 1日の学習時間は10~20分程度。 教材は小学1~4年生までしかない。 親子一緒に二人三脚で取り組んでくださ ...

3
4歳児もハマるボーネルンドの知育玩具

近所にボーネルンドのお店があり、買い物ついでにふと立ち寄ることが多いのですが、 娘が夢中になって遊ぶ様子を見るとつい衝動買いしてしまいます。 こちらは紐通しの知育玩具ですが、 動物や建物の絵柄を通しな ...

4
しちだプリントCを終えたら

しちだプリントCも10冊目に入り、いよいよラストに突入しました。 これを終えたら次は七田プリントDへ進むのか、それとも他の通信教材へ変更するのか。 以前、5、6社から様々な通信教材のサンプル(小学生の ...

no image 5
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

6
小学生向け通信教材の比較②Z会編

Z会小学生コースの特徴 スタンダードとハイレベルの2種類からコースがあり、 子供の学習状況に合わせてどちらか選ぶことができる。 3年生からは中学受験対策コースも受講可能。 1日の学習量は10~15分。 ...

-2.ピアノ, ピアノ4歳
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.