幼児教育・中学受験

3.おでかけ 5歳 おでかけ5歳 日常の知育取り組み

マックアドベンチャーで仕事体験・5歳幼児

投稿日:2019-05-14 更新日:

マックアドベンチャーとは

マクドナルドの店舗で行われている子供向け職業体験プログラムのことです。

体験する子供自身や付き添い保護者の分のバーガーやドリンクのセットなどを作ることなどができます。

制服を着て厨房へ入り、マクドナルド商品の品質や衛生管理についても学べます。

スポンサーリンク

マックアドベンチャーの実際の体験

まず更衣室へ行って制服に着替えてきます。

シャツと半ズボン、エプロン、帽子を着用し、髪が長ければ1つに結びます。

着替えたら厨房へ行って挨拶をします。

大きな声で挨拶をしたら、食品を扱うのでお姉さんからしっかり手洗いを教えてもらいます。

手洗いを済ませると、厨房の奥にある巨大冷蔵庫の見学をさせてもらいます。

巨大な冷蔵庫の中にはパティやポテトなどがたくさん保管されているようです。

▼次にポテトの揚げ方を見学したり、揚げたてを試食させてもらったり。

ポテトは揚がってから7分以内に食べるのが美味しいとされてるそうですよ。

他のファーストフード店やコンビニにも美味しいポテトはたくさんあるけれど、

どうしてマクドナルドのポテトは繰り返し食べたいと思わせる中毒性があるのでしょうか。。

妊娠すると数人に一人はマックのポテトが無性に食べたくなるとか言いますよね。

スポンサーリンク

話が逸れましたが、次はバーガー作りに挑戦していきます。

先ほどの巨大冷蔵庫から取り出したパティを解凍して鉄板で焼いていきます。

▼バンズに焼いたパティを挟み、ケチャップをかけてピクルスや玉ねぎをのせて完成です。

娘はこっそりお姉さんに「ピクルスは酸っぱいから入れなくていい~」と言って抜いてもらってました。

店内から見学しているママには駄々漏れでしたが。。

ハッピーセットにはバーガー以外にナゲットセットなどもありますが、

バーガーセットのほうが作るのが楽しいのでオススメです。

ナゲットは揚げてもらったものをただ詰めるだけのようなので。

▼自分で選んだドリンクのボタンを押してコップに注ぎ入れます。

▼隣にお姉さんについてもらいながら、お客さん(このときはママ)の対応をします。

 

 

オーダーを受けて、レジ打ちとお会計をして、商品を渡します。

オモチャと違って本物のレジに触れるのは楽しそうです。

この際に体験で作ったものを実費精算します。

我が家で訪れた店舗の体験ではこの他の料金は特に取られませんでしたが、

店舗によって料金が決まっているところなどもあったり様々なので、

体験する店舗にて確認することをおすすめします。

 

▼体験が全て終わって、自分で作ったハッピーセットを食べます。

お疲れ様でした(*^^*)

▼最後にマックアドベンチャー食べる学習ノートというものを頂きました。

▼ノートの中身は食育に関する内容がたくさん載っています。

マックアドベンチャーをぜひ体験してほしい!

キッザニアなども色々な仕事を体験できる素敵な体験場ですが、

マックアドベンチャーはマクドナルド実店舗で本物の商品を扱い、本物の通貨でやり取りもできるので、リアリティ感がまるで違います。

体験は一時間みっちり、少人数で店員さんがしっかりサポートしてくれながら進めていけるので、とても内容の濃い時間を過ごせると思います。

また、食品を扱うにあたっての衛生管理や挨拶の大切さなど、ただ楽しいだけではなく仕事をするときにしっかりすべきことはするんだよ、ということまで教えてもらえたり、子供にとっても貴重な体験の場になりました。

近くにキッザニアがなくても、マクドナルドなら職業体験できる店舗が身近にあると思うのでオススメです☆

スポンサーリンク

医療系ママの幼児教育・中学受験

-3.おでかけ, 5歳, おでかけ5歳, 日常の知育取り組み
-, , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育から中学受験2026へ , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.