広告!




2.ピアノ ピアノ4歳

和音とクロスハンドの練習

投稿日:2017-08-09 更新日:

ピアノで週末に課題として出されたのは

『和音』と『クロスハンド』の練習でした。

スポンサーリンク

広告!

和音の練習

「ドとソ」や「ドとミ」を同時に押すだけなのですが、

まだ指がしっかりしていない幼児からすると、

2本の指を使って同時に鍵盤を弾くのは意外と難しいみたいです。

和音練習は少し難しそうですが、

和音を奏でることで、またさらに音に厚みが出てメロディも豊かになった気がします。

スポンサーリンク

広告!

クロスハンド(手の交差)の練習

続いて、クロスハンドの練習です。

普通の楽譜では「上:ト音記号、下:ヘ音記号」になっていますよね。

下の楽譜を見てみてください。

こちらの楽譜では下の段にト音記号が記されています。

これは、左手を右手の上でクロスさせて、高いドの音を弾くという意味になります。

このテクニックを「クロスハンド」というそうですが、どういった意味合いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

広告!

右手でひとつのメロディが続いている間、その高音や低音の両方の音域に音がちりばめてある場合、

左手は右手の上を越えたりして腕を交差させて弾くことで、よりなめらかに弾くことができます。

クロスハンドにはそのような意味合いと、

見てる観客を目で楽しませるパフォーマンス的な要素があるようです。

確かに、幼児でもクロスハンドを取り入れると、

簡単な曲であっても難しい曲を弾いているピアニストのように見えてカッコいいですね。

クロスハンドで演奏する際のポイントは、

弾きたい音の所まで交差した腕ををグイッと移動させるので、

その支えとなる体の軸は真っ直ぐ保つことです。

幼児だとまだ体の軸が安定していないので、しっかり足を台につけて踏ん張れるといいかもしれません。

スポンサーリンク

広告!

 

広告!

広告!

広告!




人気記事一覧

1
小学生向け通信教材の比較④四谷大塚・リトルくらぶ編

四谷大塚・リトルくらぶの特徴 四谷大塚と言えば、中学受験対策教室で有名ですね。 そこで出している通信教材になります。 通常、通信教材と言うと、 1年生の4月から開始するのが一般的かと思いますが、 リト ...

2
小学生向け通信教材の比較⑤SAPIX・ピグマキッズ編

SAPIX・ピグマキッズの特徴 中学受験対策塾として名高いSAPIXが出している通信教材。 1日の学習時間は10~20分程度。 教材は小学1~4年生までしかない。 親子一緒に二人三脚で取り組んでくださ ...

3
4歳児もハマるボーネルンドの知育玩具

近所にボーネルンドのお店があり、買い物ついでにふと立ち寄ることが多いのですが、 娘が夢中になって遊ぶ様子を見るとつい衝動買いしてしまいます。 こちらは紐通しの知育玩具ですが、 動物や建物の絵柄を通しな ...

4
しちだプリントCを終えたら

しちだプリントCも10冊目に入り、いよいよラストに突入しました。 これを終えたら次は七田プリントDへ進むのか、それとも他の通信教材へ変更するのか。 以前、5、6社から様々な通信教材のサンプル(小学生の ...

no image 5
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

6
小学生向け通信教材の比較②Z会編

Z会小学生コースの特徴 スタンダードとハイレベルの2種類からコースがあり、 子供の学習状況に合わせてどちらか選ぶことができる。 3年生からは中学受験対策コースも受講可能。 1日の学習量は10~15分。 ...

-2.ピアノ, ピアノ4歳
-, , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育から中学受験2026へ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.