1.幼児教育 こくご教育

絵本のワクワクで子どもの心が成長する

投稿日:2017-05-09 更新日:

娘は4歳0カ月。

絵本は生後6カ月から俗に言う定番絵本のようなものを

月に数冊購入してはボロボロになるまで繰り返し読み聞かせてあげていました。

スポンサーリンク

その後も保育園に入園すると、先生たちが毎日のように絵本を読んでくれてたので、

1年間で150冊くらいは読んでいたことになるのではないでしょうか。

3歳を過ぎた頃、話す語彙も増えてきて長い物語にも興味がでてきたようなので、

月に数冊購入するだけでは足らず、

1~2週間に1回のペースで図書館通いを始めることにしました。

育児本などでも良いと取り上げられている読み聞かせですが、

絵本を読むことで、子供にどのようなメリットや効果があるか調べてみました。

スポンサーリンク

絵本読み聞かせの効果

  1. お母さんやお父さんのぬくもりを感じることで安心感を生み、情緒を安定させる。
  2. ストーリーを楽しむことで感受性が豊かになり、色々な世界を学ぶことで広い視野を持ち想像力も育っていく。
  3. 言葉や文章を学ぶことで全ての基礎である国語力が身につき、学力向上にも繋がる。
  4. 読書好きに育つ。

実際に図書館で絵本を借りる時の選び方ですが、あまり自分や娘の好みに偏りすぎないように、

ジャンル問わず満遍なく選ぶよう心がけています。

DSC_1383

スポンサーリンク

  • 季節もの・・・お花見、七夕、ハロウィン、クリスマス、お正月
  • 物語・・・ディズニー、童話、昔話
  • 動植物系・・・やさい、動物や昆虫の生態、花や木
  • 学習系・・・あいうえお、数字、時計、四季、英語
  • しつけ・・・着替え、あいさつ、片づけ、お手伝い、お世話
  • 文化・・・海外の日常や生活に関するもの

私は幼少期に母が読み聞かせをしてくれていた記憶はほとんどないのですが、

小学校の図書室で借りた自分の好きだった本や感銘を受けた本のことはよく覚えています。

やはり、読書を通して多く言葉やできごとに出会うことで、

様々なことへの興味や関心が高まり学ぶことが好きになるのだと思います。

大きくなったときに、パパやママとの幸せな思い出が増えていくよう、

日々の読み聞かせを楽しんでいこうと思います。

スポンサーリンク

 



人気記事一覧

1
子供に与えたいおもちゃ「賢人パズル」

自分のお給料が出ると、真っ先にムスメ用の知育玩具を購入してしまいます。 先日買ったのは、こちらの「賢人パズル」↓ くもんの図形キューブ積み木(以前の記事で紹介しました⇒くもん・図形キューブで積み木の問 ...

2
こどものなぜ?を「分かった!面白い」に。

3歳を過ぎた頃から、 日常生活の中で色んな事に疑問を持ち始めたムスメ。 この前も、プリント学習の中にシカの絵があったのですが、 「なんで角があるシカさんと角がないシカさんがいるの~?」 と聞いてきまし ...

no image 3
年少児、今後の家庭学習計画

娘は4歳2カ月。 3歳の頃はZ会やこどもちゃれんじなども受講していましたが、 最近は、より思考力を高められるような教材も使ってみたいなと思うようになりました。 現在、気になっている幼児教材はこちらの3 ...

4
大手幼児教室(年少クラス)の体験の感想

週末、近所にある幼児教室の体験に行ってきました。 幼児教室と言えば、ドラキッズやめばえ教室、しちだチャイルドアカデミー、 富士チャイルド、ICE、理英会など色々ありますが、 数ある中でも小学校受験に特 ...

5
大人が見ても面白い!くらべる図鑑はおすすめの一冊です

3歳を過ぎて、世の中の色んな事に興味を持ち始めた娘。 リビングの本棚には図鑑をたくさん置いて、 何かわからないことがあったらすぐ調べるようになってほしいと思い、 少しずつ少しずつ図鑑を揃えていくことに ...

6
小学校受験しない=幼児教育はいらない?

私は教育熱心な母親ですが、自分がしていることを周りに話すと、 「うちは小学校受験なんてしないから幼児教育には興味がないの」とか 「子供はたくさん遊ばせておけばそのうち必要な時に勉強するでしょ」 と言わ ...

-1.幼児教育, こくご教育
-, , , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.