幼児教育・中学受験

2年生 公文式

公文英語だけでは定着しないのか

投稿日:

2020年から、小学校でも英語が必修科目となり、

具体的には3、4年生で話す聞く中心の学習、

5、6年生では更に読み書き学習も、

といった具合で進んでいくようです。

そうなると中学受験でも英語を導入してくる学校が増えてきているようで、

中学受験を考えているお子さんは

小学生のうちから英語もやっておく必要性がでてくるかもしれません。

皆さんのご家庭では、英語学習に関して何か取り組まれたりしていますか?

我が家の英語の取り組み

娘が本格的に英語を始めたのは小学校入学からでした。

公文式で小1の1年間の間に英検5級受験できる程度までの学習はできましたが、

さて英検5級の過去問をやってみようか、と問題を解かせてみると、

全く出来ていないことが発覚。。

やっぱり公文英語に任せきりではダメなのだろうか。

娘の習熟度に不安を感じたので、

「中1英語をひとつひとつ分かりやすく」のテキストを使って

文法をしっかり定着させるようにしていこうと考えました。

テキストの左ページには、

文法の説明が小学生でもわかりやすく易しく書かれています。

右ページにはミニ練習問題が載っているので、

左ページで学んだ知識が理解できているのか少しずつ順を追って

解いていくことができます。

しばらくは公文英語とこの問題集を併用して理解を深めていけるように

進めて行く予定です。

記事中の広告




医療系ママの幼児教育・中学受験

-2年生, 公文式
-, , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育から中学受験2026へ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.