広告!




1.幼児教育 さんすう教育

トランプで楽しく遊びながら脳を鍛える

投稿日:2017-07-18 更新日:

今日は娘とトランプ遊びをしました。

高くて高性能な知育玩具も良いですが、

子供はシンプルなものほど本能的に頭を使って楽しく遊ぼうとするようで、

このどこででも手に入れることのできるトランプなんかは知育遊びにも最適です。

4歳児でもできるトランプ遊びを紹介していきます。

スポンサーリンク

広告!

神経衰弱で記憶力アップ

ルールはご存知の通り、裏側にしたトランプを置き1枚ずつめくります。

同じ数がでたら、揃った1ペアをもらえます。置いてあるトランプがなくなったら終了です。

手持ちに多く持っていた人が勝ちとなります。

神経衰弱を行うメリットや効果としては、ゲームを通して、記憶力と集中力がつくということです。

幼児に教える上で気をつけるポイントは、

めくったカードの数が一致しなかった場合にすぐ裏返してしまうのではなく、

「今めくったカードは何と何だった?ここに3があって、ここに5があったよね。覚えておくと次は当てられるかもよ~」

と子供に記憶することを意識させていくと良さそうです。

スポンサーリンク

広告!

七並べで数の大小を覚える

こちらもゲームのやり方はご存知の通りです。

数字の「7」を4枚、縦に並べておきます。

「6」か「8」を持っていたら「7」の左右に置きます。

このように、隣に置けるカードを次々と出していき、手元のカードがなくなったら終了です。

うちの子の場合、最初のうちは「数の大小」をあまり理解していなかったため

うまく置くことができませんでしたが、

ゲームを進めていくうちに自然と数の順番を覚えていきました。

スポンサーリンク

広告!

ゲームの勝敗の確認

ゲームの終了後、勝ち負けを確認するためにカードの枚数を数えますよね。

このとき、お互いに1枚ずつカードを並べて数えていき、どちらが何枚多いかを確認します。

カードの枚数で数の大小を比較することによって、

数の基本的概念を自然に身につけることができます。

これは、のちのち小学校の算数でも活かされてくると思うので、

今のうちに遊びながら自然と覚えていけたら良いですよね。

 

 

広告!

広告!

広告!




人気記事一覧

1
自宅でプログラミング教育を始めよう

小学校でも、2020年から必修化が決まったプログラミング教育ですが、 その重要性や家庭でもできることなどをまとめてみました。 スポンサーリンク 広告! プログラミング教育の必修化 三年後から、海外と同 ...

2
七田プリントCと漢字練習帳が届いた

3歳10ヶ月から始めた七田式プリントbが10冊目に入り、 次の段階のプリントcを購入しました。 プリントBとの違い 【ちえ】 推理力を問う問題や文章をよく読まないと解けない問題が出てきます。 座標・面 ...

3
4歳児もハマるボーネルンドの知育玩具

近所にボーネルンドのお店があり、買い物ついでにふと立ち寄ることが多いのですが、 娘が夢中になって遊ぶ様子を見るとつい衝動買いしてしまいます。 こちらは紐通しの知育玩具ですが、 動物や建物の絵柄を通しな ...

4
ザ・ギフティッド~実践できる子供の学習法~

書店へ行くと必ず教育関係のコーナーへ足を運ぶのですが、 そこには様々な方が書いた独自の理論や考えに基づく育児書がたくさんあります。 スポンサーリンク 広告! 1年ほど前に出逢った「ザ・ギフティッド」と ...

5
無料で遊んで学べる水の科学館

お台場にある東京都水の科学館へ行ってきました。 こちらの科学館は、東京都水道局が管理運営していて、 誰でも無料で入場できます。 無料ロッカーや授乳室も完備されていて、 小さな幼児がいても連れていきやす ...

-1.幼児教育, さんすう教育
-, , , , , , , ,

Copyright© 医療系ママの幼児教育・知育~賢い子に育てる方法~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.